読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たましうむ・魂に刻まれた物語

ペルーの旅で突然前世がみえるようになり、自分の前世を紐解くうちに事務職の会社員からカメラマンになりました。魂に刻まれた物語を読み解き、前世から引き継いだ才能・能力・課題を今の人生にいかすことを探求中。

魂の本質〜才能と課題2〜課題に取り組んでみた

今の人生で、または 何度もの生まれ変わりで 繰り返し起こる困難な出来事、 登場人物や具体的な内容は変わるけど 同じようなことが起こる。 言い方を変えれば 乗り越えようと自らが決めた課題。 ※※※※※※※※ 課題を前世から持ち越すことを知らなかったし、 課題…

前世がみえる、スイッチOFFの練習

夜、部屋でひとり本を読んでるとき 電車に乗り、ボーっと景色を眺めてるとき バスでうたた寝しはじめたとき 1枚の写真のように映像がパッとみえる その映像に集中すると、空気の感じ(乾いている、湿気がある) 空や海の色、まわりの景色や様子 さらに集中する…

魂の本質〜才能と課題〜

前世がみえるようになってから 専門のセラピストさんに退行催眠療法を受けたのち 自分で退行催眠の過程をするようになった。 大切にしていたことがあって それは、前世と今の自分とをじっくり照らし合わせること。 その作業には、いつも新しい発見があった。…

魂の本質〜なんとなく傾向があるような 〜

自分の前世をいくつかみて 国、性別、やっていることはそれぞれだけど なんとなく似通った傾向がある そう気付いた。 ※※※※※※※※※ ある日、寝る前にうとうとしていると ひとつの映像がパッと見えた。 まだ眠っていなかったので、夢ではなかった。 おじいさんが…

バリ島で一眼レフ

わたしの物語をあれこれ細かく書いてもナンなので 数年分をまとめて。 「旅をしたい」という思い。 まだ体験したことのない美や まだ出会ってないだけで、大好きな何かが存在している 旅をにはそんなドキドキ感があった。 2度目に訪れたバリ島。 とても親し…

退行催眠療法と潜在意識と瞑想と

ペルーで前世がみえるようになってから 帰国後に、退行催眠療法を何度か受けた。 みえる前世をどう扱ったらいいのかわからず それを助けてもらいたくて セラピストさんのところへ行った。 何度かセラピーを受けると やり方がわかってきて 前世がフッとみえる…

願って→忘れる→叶う の法則、再び

会社員を辞めて9ヶ月 旅をしたり、退行催眠療法を受けたり 興味のあることを手当たり次第にしてみたり 本を読んだり そんな風にすごしていたら 「働きたい」と思うようになった。 旅するにはお金が必要だし よしっ、働こうと思った。 とはいえ、 メインは「…

旅をする

まずは、バリ島3週間。 早起きして海辺を散歩したり 夕日をずっとみていたり 初めて訪れる村を散歩したり 船に乗って魚釣りをしたり。 王宮で聴いたガムランの響きには 意識がどこかへ飛んで 身体の感覚がなくなるような 不思議な体験もした。 数ヶ月後、友…

旅をしたい→アルケミストに書かれていることをやってみる

したいことは「旅」だった。 いろんな国に行ってみたかった。 旅をしたからといって すぐに収入に結びつく職業に出会えるわけではない。 それどころか、旅をするにはお金がかかるし 旅をすることで自分らしさをみつけるだなんて 何言ってるのか?? 頭はそう…

「アルケミスト」には真実がたくさん書かれている

何をしたいのか、何になりたいのか、 相変わらず、ぼやんとしかわからない。 ファミレスに行っても 食べたいものがなかなか決められない。 会社を辞めたので、自由な時間はたっぷりある。 何をしても自由な状況なのに 第一歩がわからないから、進めない。 結…

願って→忘れる→叶う の法則(まとめ)

経験した出来事を、 単なる偶然と思えなかった。 まず、心・思いのつかいかた 気持ちのエネルギーの向けかたがあって そこに何かしらが作用して 会いたいと強く思った人に会え 話しが聞けたんじゃないか。 なぜこういう現実を経験したのか 「もっと話しを聞…

願って→忘れる→叶う の法則(2)

たまたま入ったカフェ。 座った隣席に さっきテレビで聞いた話しをもっと聞きたい! と、強く思った、その女優さん本人がいた。 隣にいるからって 気安く話しかけるわけにいかない。 そう思いながらも "天使の光をみた" 話しの続きを知りたいという強い想い…

願って→忘れる→叶う の法則(1)

前世がみえたり 退行催眠療法をうけたり 習い事をいろいろやってみたり ペルー前とペルー後で 毎日がすっかり変わってしまった。 そんな中で、時々不思議なことがあった。 強く願って 願ったことを忘れてると ボンッ! と、現実になるのだ。 たとえばこんな…

手当り次第に習いごと

自分らしく生きるために 頭で考えて動いても、うまくいかない。 よしっ こんどは"心"に従ってみよう アルケミストのサンチャゴ少年のように と決める。 とはいえ、やったことがないので 心の声の聞き方がわからない。 そこで、 少しでも興味が持てて、やって…

自分らしく生きる為の、第一歩がうまくいかなかった理由

自分らしく生きたい 手に職をつけたいという想い でも、何をすればいいのかわからない。 何をしたいのかわからない。 自分が何に向いてるのかわからない。 西洋占星術と前世リーディング、 自分で思い出した前世の記憶 それらにヒントを得て どうしようかと…

進む方向はわかった、でも第一歩がわからない

電話での前世リーディングを受けたのは一度だけ。 ・美と深く関わっていく ・美に向かって努力していく ・美を追求する …と、言われた。 なんだか楽しそうだしやってみたい感じがするけれど、 今の自分が進む具体的な第一歩がわからない。 さっぱりわからな…

前世〜記憶の断片と、みてもらった内容の一致

ペルーから帰国後すぐの話し。 帰国後は、 何かのきっかけで 潜在意識のフタが開いたり閉じたり そんな状態だった。 今は自分でコントロール出来るけれど 当時は、ポーっとしてる時に 映像がパッとみえたりして 前世の記憶なのか、前世への旅なのか それがは…

潜在意識が人生の舵取りをしている…と教わった

前世がみえるようになり、どうしたものか困り果て 退行催眠療法を専門のセラピストさんから受けた。 そこで教わったこと、実際にセラピーを受けて学んだこと それは「潜在意識が人生の舵取りををしている」 ということ。 例えば、現実の生活で問題があり そ…

芸術とは無関係だと思っていたのに(イタリアでの前世)

初めてイタリアに行った時のこと。 フィレンツェで具合が悪くなった。 どこが悪いというのではなく 水以外のものを受け付けなくなった。 何も食べられない。 フィレンツェに何かあるのかなあ と思っていた。 数年後、再びイタリアを訪れることになり フィレ…

才能が自分ではわかりづらい理由

自分の才能がわからない 自分の得意なことがわからない 自分に向いていることがわからない そう言う方にたくさんお会いした。 会社員を辞めた時のわたしもそうだった。 色彩感覚 人の気持ちや心の動きを敏感に察する力 人を育む能力 初めての土地であっても…

才能と生まれ変わりについて

"才能"は、生まれ変わりで持ち越す? はい、持ち越します。 才能というと、何か特別なことのように思うかもしれないけれど 誰にでもあるものです。 前世で努力してきたこと、追求してきたこと 積み上げてきたことです。 面白いのは、 これが一人ひとりまった…

前世療法を受けた後、どうなった?(2)

幼少期・前世への退行催眠療法は セラピストさんのガイドで潜在意識にアクセスし 現在の症状の、根本的な原因をみつけていく。 無意識下にあったものが意識化されると (頭で、"こういうこと"と認識するということ) 症状が軽くなる、あるいはなくなる。 そう…

前世療法を受ける(2)ー2

北欧の男性、最期の時。 セラピストさんのガイドで 北欧の男性の身体を、高いところから見ている場面へ。 亡くなる時の肉体の苦痛を味わうことなく 肉体を去った後の状態になった。 そして、人生回顧。 セラピスト(以下、セ) 「それでは今みた男性の人生を振…

前世療法を受ける(2)ー1

ある時、慌ててセラピストさんに予約をとった。 同じ職場のMさんが光って見えはじめ、 気になって気になって仕方がないのだ。 Mさんは、同じフロアに席のある、 人事課の人。 会えば挨拶する程度のお付き合いで 仕事上の接点は特にない。 それが、ある日を境…

前世療法を受けた後、どうなった?

前世療法を受けた後、びっくりしたことがある。 自分は変わっていないのに、周りが変わるのだから! ・・・と、自分では思っていたが 正確にはこういうことらしい。 潜在意識にアクセスし、潜在意識にある思い込みやルール (わたしの場合は、前世から持ち越…

今の人生は、前世の影響アリ?

前世療法を受けた後、 「今の人生」と「前世」について 関連性を考えるようになった。 思い当たるふしがあるのだ。 そういえば・・・ という感じで、過去のあれこれを思い出す。 ギリシャの少年は、真理について議論したい・知りたい という思いが強かった。…

前世療法を受ける

催眠療法を行っているセラピストさんのところへ行った。 まず、一連のことを話して、一番知りたいことを聞いた。 「前世がみえたら、それをどう対処したらよいのか?」と。 セラピストさんは、退行催眠のこと、潜在意識のことなどを 説明してくれ、ペルーか…

前世がみえる戸惑い

前世はあるのか? ペルーを旅する前、 自分の前世について知りたいと思うことはなかった。 前世療法を受けたいと思うこともなかった。 時々、前世がみえるという人がいて 「あなたの前世は◯◯で、その時わたしの敵だった。」 「あなたはわたしの子供だった。…

ペルーの旅(6)前世がみえるようになる

ペルーの旅で、未知の扉が開いてしまった そんな感覚。 自分の前世のことを、考えたことも想像したこともなかった。 前世の話しをする人々のことを、ちょっと斜めから見ていた。 そんな人間が「自分の前世をみて」しまった。 体験すると、もう受け入れるしか…

ペルーの旅(5)前世がみえるようになる

いまの自分と古代ギリシャの少年を 行ったり来たりしていた。 混乱。 どうにもこうにもならない。 たまらず、旅の説明会で仲良くなった子に相談した。 彼は「そんな人と出会えただなんて、うらやましいよ!」 と言った。 わたしは、いや、困り果ててるんです…

ペルーの旅(4)前世がみえるようになる

古代ギリシャ人の少年の記憶。 これはわたしの前世だ、という確信があった。 ただの夢かもしれないし、意味のないイメージが浮かんだだけかもしれない。 それなのに、確信があった。 理由は、古代ギリシャの少年が感じている感情が 普段のわたしが感じている…

このブログについて

こんにちは。 たましうむです。 このブログには、実際に起こったこと、経験したことを書いていきます。 わたし以外の人々については、人物像・年齢・職業などなど、変えています。 出来事については、わたし以外で個人が特定できるようなことのみ変えていま…

ペルーの旅(3)前世がみえるようになる

さて、プレ・インカの遺跡、パチャママとパチャタタ。 コカの葉を噛みながら登り、遺跡に着いた。 しばらく散策したあと、インカの人々に祈りを・・・と 遺跡近くに座りみんなで瞑想した。 瞑想ってどうすればいいのかよくわからずにいたけれど 誘導してくれ…

ペルーの旅(2)前世がみえるようになる

4月某日、ニューヨーク経由でペルーへ。 空港に着くとコカ茶が用意されていて、ご自由にどうぞという感じで 飲めるようになっていた。 コカ茶は高山病予防になるらしい。 スーパーでは紙パックのコカ茶も売っていて、こちらではよく飲むみたい。 ペルーとい…

ペルーの旅(1)前世がみえるようになる

会社で事務職についていた私は、何か手に職をつけたいと思い6年9ヶ月勤めた会社を辞めた。そうはいえど、何をしたいのか自分にはどんな分野が向いているのかさっぱりわからないまま。 会社を辞めてから4ヶ月後、友人から誘われてあるイベントに行くことに…

「魂の本質」というものがあるらしい

今から約20年前、6年9ヶ月事務職で働いていた会社を退職した。 その時の想いは、何か専門職につきたい、手に職をつけたい、というもの。 パウロ・コエーリョ著「アルケミスト」を繰り返し読んでいて、心の声に従いながら夢で見た宝物を探すために旅をするサ…