読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たましうむ・魂に刻まれた物語

ペルーの旅で突然前世がみえるようになり、自分の前世を紐解くうちに事務職の会社員からカメラマンになりました。魂に刻まれた物語を読み解き、前世から引き継いだ才能・能力・課題を今の人生にいかすことを探求中。

魂の本質〜才能と課題2〜課題に取り組んでみた

今の人生で、または 何度もの生まれ変わりで 繰り返し起こる困難な出来事、 登場人物や具体的な内容は変わるけど 同じようなことが起こる。 言い方を変えれば 乗り越えようと自らが決めた課題。 ※※※※※※※※ 課題を前世から持ち越すことを知らなかったし、 課題…

魂の本質〜才能と課題〜

前世がみえるようになってから 専門のセラピストさんに退行催眠療法を受けたのち 自分で退行催眠の過程をするようになった。 大切にしていたことがあって それは、前世と今の自分とをじっくり照らし合わせること。 その作業には、いつも新しい発見があった。…

魂の本質〜なんとなく傾向があるような 〜

自分の前世をいくつかみて 国、性別、やっていることはそれぞれだけど なんとなく似通った傾向がある そう気付いた。 ※※※※※※※※※ ある日、寝る前にうとうとしていると ひとつの映像がパッと見えた。 まだ眠っていなかったので、夢ではなかった。 おじいさんが…

芸術とは無関係だと思っていたのに(イタリアでの前世)

初めてイタリアに行った時のこと。 フィレンツェで具合が悪くなった。 どこが悪いというのではなく 水以外のものを受け付けなくなった。 何も食べられない。 フィレンツェに何かあるのかなあ と思っていた。 数年後、再びイタリアを訪れることになり フィレ…

「魂の本質」というものがあるらしい

今から約20年前、6年9ヶ月事務職で働いていた会社を退職した。 その時の想いは、何か専門職につきたい、手に職をつけたい、というもの。 パウロ・コエーリョ著「アルケミスト」を繰り返し読んでいて、心の声に従いながら夢で見た宝物を探すために旅をするサ…