読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たましうむ・魂に刻まれた物語を読み解く

ペルーの旅で突然前世がみえるようになり、自分の前世を紐解くうちに事務職の会社員からカメラマンになりました。魂に刻まれた物語を読み解き、前世から引き継いだ才能・能力・課題を今の人生にいかすことについて探求中。

このブログについて

こんにちは。

たましうむです。

 

このブログには、実際に起こったこと、経験したことを書いていきます。

 

わたし以外の人々については、人物像・年齢・職業などなど、変えています。

出来事については、わたし以外で個人が特定できるようなことのみ変えています。

そうするのが良いと思うからです。

 

前世をみたことによって、潜在意識というものを知りました。

そして、潜在意識が人生の舵取りをしているということを知りました。

 

前世のある・なし、様々な考えの方がいらっしゃると思います。

そのことについて、お人の価値観を変えようという考えを持っていません。

わたしと違うご意見をお持ちの方がいらっしゃることは承知しています。

前世についてだけでなく、何についても、

様々な意見や価値観があることを当たり前だと思っています。

 

”わたしたちは、何度もの生まれ変わりをくりかえし

経験し・学び・成長していく存在である。”

このような考え方で、実際に経験している現実をみなおした時、

新しい見えかたや感じかたをしてきました。

 

長い長い時間をかけて、遠回りして、あれこれ迷いながら 

行動し、紐解いてきました。

自分らしく生きるために役立たせようと読んだ本に書いてあることを

自分で実際に「実験」してきました。

 

ペルーで初めて自分の前世をみたことが始まりでした。

帰国してすぐ、前世療法を受けて

何度か前世療法を受けるうちに、やりかたを覚えていきました。

その後、前世がみえた時にセラピストさんが誘導してくれる方法を

自分で試してみると、セラピーを受けた時と同じ効果がありました。

 

それを続けるうちに、だんだんと、勝手に前世がみえる

ということがなくなり、自分でスイッチのオン・オフが 

できるようになりました。

 

1年ほどすると、こんどは、人の前世がみえるようになったのです。 

みえると読み解きをするものの、どうしても勇気がなくて 

伝えることをしないまま時が過ぎました。

 

ペルーへ行ってから13年後のある時

ふとしたきっかけで、実は前世がみえること

そしてそれはとっても役立つことを人に伝えました。 

 

前世でどの国にいたか、男性?女性?

など、そういうことは大切ではなく 

”前世が今の人生にどんな影響を与えているか”

”前世で積み上げてきたことや能力、そして課題”

(”課題を知ること”がとっても大事ということもわかりました!)

”それを実際に今の人生にいかすこと、使うことが大切”

と考えていました。

 

自分の能力や才能についてまったくわからなかったので、

それを探して探して探してきたわたしは、自分の前世がみえると

才能や能力についてフォーカスし読み解いていきました。

 

人の前世がみえたときにも同じように”能力や才能”について

フォーカスして読み解きました。

ずっとそのやり方をしてきたからです。

 

前世がみえることを話した人が「わたしの前世、みえる?」

と突然聞いてきたので、わたしはスイッチをオンにしました。 

そして、前世について、能力や才能、それと課題についても伝えました。

 

その後、その人の紹介で何人もの方の前世をみて

才能、能力、課題について伝えてきました。

そうするうちに、

どうやら、ひとりひとりに「魂の本質」というものがあるらしい。

ということに気づき、今に至ります。

 

この旅はまだまだ続きますが、少しずつ書いていこうと思います。