たましうむ・魂に刻まれた物語を読み解く

ペルーの旅で突然前世がみえるようになり戸惑うも、自分の前世を紐解くうち事務職会社員からカメラマンになりました。魂に刻まれた物語を読み解き、前世から引き継いだ才能・能力・課題を今の人生にいかすことについてあれこれ発信しています。※文章・写真の著作権は、たましうむ にあります。無断転載しないでくださいね。

潜在意識が人生の舵取りをしている…と教わった

前世がみえるようになり、どうしたものか困り果て 

退行催眠療法を専門のセラピストさんから受けた。

そこで教わったこと、実際にセラピーを受けて学んだこと

それは「潜在意識が人生の舵取りををしている」

ということ。

 

例えば、現実の生活で問題があり

それが何度も繰り返されたりするとき

根本原因は「潜在意識」にある可能性がある。

 

退行催眠療法をする時に

今の人生の子供時代への退行なのか 

過去生への退行なのか、

それは、やってみなければわからない。

潜在意識が、最も必要な体験をさせてくれる

そういうことだそう。

 

ブライアン・L・ワイス博士の本「前世療法2」25ぺージより

”潜在意識について”

(以下、「 」内、引用)

「催眠の目的の一つは、

瞑想と同じように、潜在意識へ到達することです。

潜在意識とは通常の意識の下にある部分、

つまり思考や感情や外部の刺激等の

常に私たちの自意識に立ち現れるものの

下にある意識のことです。

この潜在意識は、私たちが普段気がついているレベルより

ずっと深い所で機能をしています。

潜在意識に起こっていることは、

私たちの表層意識では捉えることができません。」 

※※※※※※※※※

海に浮かぶ氷山で例えると

潜在意識は、海面の下の部分

表層意識(顕在意識)は、海面の上の部分。

割合は、研究によって多少の誤差はあるけれど

潜在意識:顕在意識=88%:12%

 

問題解決をしたい時、いくら頭で考えて決意しても

解決しないことがほとんど。

根本原因をみつけることが必要で

それは潜在意識にある、そういうことだった。