たましうむ・魂に刻まれた物語を読み解く

ペルーの旅で突然前世がみえるようになり戸惑うも、自分の前世を紐解くうち事務職会社員からカメラマンになりました。魂に刻まれた物語を読み解き、前世から引き継いだ才能・能力・課題を今の人生にいかすことについてあれこれ発信しています。※文章・写真の著作権は、たましうむ にあります。無断転載しないでくださいね。

願って→忘れる→叶う の法則(まとめ)なぜ叶ったのか

経験した出来事を、

単なる偶然と思えなかった。

 

まず、心・思いのつかいかた

気持ちのエネルギーの向けかたがあって

そこに何かしらが作用して

会いたいと強く思った人に会え

話しが聞けたんじゃないか。

 

なぜこういう現実を経験したのか

「もっと話しを聞きたい」と強く思ったところから

それが現実になるまでの一連の流れに

何か、法則みたいなもの

"しくみ"があるんじゃないかと思った。

 

しくみを知りたい。

思う→現実になる

そのための、やり方があって

知らないうちに、今回は

その"やり方"・"しくみ"通りに

やっていたんだろう。

 

だったら、振り返ってみてみれば

ヒントがあるだろう。

 

こうなったらいいな

この人に実際会ってみたい

などと思うことはしょっちゅうある。

でも、現実にならないことがほとんど。

 

今回との違いは?

と考えると

強く願ったあとに「忘れる」

願ったことすら忘れる

言い方を変えれば

願ったことを手放す。

「忘れる」「手放す」が

重要では? と気づいた。

 

今回は、強く思ったあとすぐに

出掛ける支度をして

待ち合わせ場所に向かう必要があった。

だから、

思ったこと(願ったこと)を

すっかり忘れていた。

 

現実にならないときは、

願ったあとに

「…って思うけどムリに決まってる」

「絶対の絶対の絶対に!」という執着心

など、願ったことに対して

反対意見や、しがみつくようなエネルギーを

だしている。

 

結局は、内容にかかわらず

強い思いや執着する思い

ここが現実になってる

 

願ったら「忘れる」

ここがポイントじゃないかな

そう思った。

 

さらに考えてみる。

 

忘れようとすればするほど

「忘れる」ことにとらわれちゃって

忘れることなんかできない。

忘れたいのに忘れられない

なんて、よくあるし。

 

だったら、

結果的に「忘れる」状態になるためには

"何か他のことに集中する"

これがいいのでは? と考えた。

 

【願う→忘れる→叶う のしくみ】

1. 願う

    ↓

2.忘れる

または、まったく別のことに集中して

「忘れる」状態をつくりだす

    ↓

3. 叶う(現実になる)

 

こういうしくみなんじゃないかな

と、思った。

 

この中で「忘れる」のが大切な理由は

・願ったことへの執着

・願ったことの逆のエネルギーをつくりだす

この2つを"しない"ために。

 

願いの矢→を放ったら

逆向きのエネルギー「←」を発生させないことが大事!

× ← →   ・・・停滞、そこにとどまる。

◎→ →  ・・・願い実現の矢を宇宙に放った状態