たましうむ・魂に刻まれた物語を読み解く

ペルーの旅で突然前世がみえるようになり戸惑うも、自分の前世を紐解くうち事務職会社員からカメラマンになりました。魂に刻まれた物語を読み解き、前世から引き継いだ才能・能力・課題を今の人生にいかすことについてあれこれ発信しています。※文章・写真の著作権は、たましうむ にあります。無断転載しないでくださいね。

情報は ”いまここ” にある

こんにちは、たましうむです。

 

リーディングで前世をみるときに

何が起こっているのか? 

なぜ前世の情報が与えられるのか?

そのことをふと思ったことがあります。

 

時間をさかのぼって過去に行っているわけではないし

(そんなこと、できません。。)

何よりも、わたしは、普通に話すし意識もある。

いつもと同じ。(気を失ったりしない、ということ)

 

「何が起こっているんだろう。」

と思った瞬間

「いまここに情報がある!」と。

いまのわたし、いまのあなたに

それぞれ情報が書かれている。

そーいうことなんだ、と納得。

わたしは、情報の読み手なんだと思います。

 

「いまここ」に情報として書かれている。

ひとりひとりまったく違う。

 

大切にしてきたこと

恐れていること

積み上げてきたこと

何度もつまづいてきたこと

などなど

本当にひとりひとりに物語がある。

 

リーディングの時に、

どういう人物だったかを伝えるために

前世の様子をお伝えするけれど、

どこの誰だったかは、あまり重要じゃないばかりか

伝えることによってこだわりになる場合もあるから

本当は伝えたくなかったりするんです。

だけど、そこを伝えないと

人物像がイメージしづらいだろうなぁと思い

今のところ、お話しするようにしています。

 

生まれ変わりをくりかえすなかで

変わるもの(肉体)と

変わらないもの(魂)

がありますね。

 

変わらないもの(魂)に焦点をあてること。

 

いくつもの身体で、いくつもの国で

何度も何度も「生きて」いる。

 

何のために?

学び、成長するために。

 

前世から繰り越してること、引き継いだ才能

学ぼうとしていること

それらのことを、いまの自分が「知る」ことによって

今の人生がより良い方向に進んだり

他の誰かの価値観でなく自分らしい道を進むことが

できるのだろうな、

そんなふうに思います。 

f:id:tamashiumu:20170527203254j:plain

撮影;たましうむ