たましうむ・魂に刻まれた物語を読み解く

ペルーの旅で突然前世がみえるようになり戸惑うも、自分の前世を紐解くうち事務職会社員からカメラマンになりました。魂に刻まれた物語を読み解き、前世から引き継いだ才能・能力・課題を今の人生にいかすことについてあれこれ発信しています。※文章・写真の著作権は、たましうむ にあります。無断転載しないでくださいね。

頭と潜在意識の綱引き

こんにちは、たましうむです。

 

1) 頭で考えていること・望んでいること

2) 潜在意識で決めていること・選んでいること

このふたつの関係について書いてみます。

 

まず、「頭で考え望んでいること」と「潜在意識で決めていること」が同じ場合。

矢印の向きは、

 (潜在意識)→ (頭) → = →→→→→→→→→→ ☆

こんなふうに、パワフルなエネルギーがうまれます。

→ + → = → →(矢印2個)ではなく、

潜在意識と頭の決定が同じ場合

とてつもなくパワフルなエネルギーとなります。

現実にどうなるかというと

・ものごとがスイスイ進む

・必要な出会いがタイミングよくある

・行動することが楽しい、または喜び

・行動するうちに、居場所が自然なかたちでできていく

・結果として、まわりの人の役に立ったり、喜びを与えるようになる

などです。

人と、宇宙と調和している状態で

これが、私たちの自然な姿です。

 

つぎに、「頭で考え望んでいること」と「潜在意識で決めていること」が違う場合。

矢印の向きは、

(潜在意識)← (頭) → = ←←←←←←←←← → ×

こうなります。

多少の誤差はありますが

潜在意識:顕在意識(頭)=88%:12%

と言われています。

だいたい、9:1 。

 

頭で「こうしよう!」と決めても

潜在意識に、頭と逆の決定があれば

エネルギーの綱引き状態になります。

どちらの力が強いかというと

圧倒的に「潜在意識」です。

だって、もう一度書いちゃいますが

潜在意識:顕在意識(頭)=88%:12%

ですから。

頭で「こうしよう」と、エネルギーをだすとして

そうすると矢印1個うまれます →

と、同時に

潜在意識からのエネルギーがうまれます。

しかも逆向きに9個の矢印が!

←←←←←←←←←

あぁ、こんなに逆向きのエネルギーが。

現実にどうなるかというと

・登場人物は変わるけど、いつも同じ問題が起こる

・消耗する

・自分をダメなやつだと思い込む

などです。

調和してない不自然な状態。

だから、苦しい。

 

頭ではわかってるのに行動を変えられないという時

・本当は望んでない

・潜在意識に別の決定がある

 のどちらかでしょう。

 

私たちは、憶えていないほど小さかった頃や

前世でいえば、数百年・千年前に取り入れた決定を

今もそのまま自動的に使っている

そーいうことなんです。

 

だから、扱うのは潜在意識。

 

ブライアン・L・ワイス博士著「前世療法2」に

セルフセラピーのやり方が詳しく書かれています。

ためしてみて前世やイメージがみえない・感じないとしても大丈夫。

深いリラクゼーションを体験することにより

潜在意識にアクセスした状態にもなるので

自分の本心や心の声を受け取りやすい体質になります。

興味ある方は、おためしあれ。