たましうむ・魂に刻まれた物語を読み解く

ペルーの旅で突然前世がみえるようになり戸惑うも、自分の前世を紐解くうち事務職会社員からカメラマンになりました。魂に刻まれた物語を読み解き、前世から引き継いだ才能・能力・課題を今の人生にいかすことについてあれこれ発信しています。※文章・写真の著作権は、たましうむ にあります。無断転載しないでくださいね。

問題探しと宝探し

こんにちは、たましうむです。

 

突然ペルーで前世がみえるようになってから

「な、何これどういうこと!???」

と必死にあれこれするなかで学んだことのひとつが

"潜在意識"。

 

人の前世をみるようになってから

まずしようとしたことは「問題を解決する」ことでした。

なぜそうしたかというと、

"今直面している、解決したいのに出来ない問題の根本原因をみつける"

という退行催眠療法での経験が

とてもパワフルで、心がどんどん軽くなっていったからです。

 

個人セッションする時に

問題解決にフォーカスすると

ちゃんと根本原因を教えてくれる。

 

実際、問題の根本原因をみつけて

潜在意識にある不要な決定とサヨナラするのは

まさに、知らずに背負っていた重荷から

パッと手を離すような作業でもあり

その結果、どんどん軽やかになっていきました。

 

こんなふうに、問題解決にフォーカスした個人リーディングを進めるうち、時折"幸せだった場面"や、"まだ気付いてない前世で磨いてきた能力"の情報も受け取るようになりました。

 

私たちの人生の舵取りをする、潜在意識。

潜在意識には、膨大な情報があって

問題探しをすれば、いくらでも問題はでてくる。

と同時に、まだ気付いてない才能や能力という宝物も

たくさん眠っている。

 

問題探しは、

ある程度やったら終わりにしないとキリがない!

とわかりました。

だって、問題を探せばいくらでも出てくる。

一生でもやっていられる。

でもそれって、本末転倒。

せっかく生まれてこの人生を生きられるのに

限りある時間を問題探しだけに使って終わっては意味がない。

では、ある程度問題解決をしたら

次にすることは何かというと⁉︎

それは、才能や能力にフォーカスすること

自分の中の宝探し。

 

まだ気付いてないだけで、

自分の中に眠っている能力や才能があるとしたら?

それは誰にでもあるとしたら?

みつけることで、眠っていた能力や才能が輝き始めるとしたら?

能力や才能はひとつではなくたくさんあるとしたら?

自分の中の宝探しは、自分を好きになり受け入れる旅だとしたら?

 

なんだかワクワクしてきますね。

 

意識を向けたことが人生にあらわれるのだから

自分の中に眠っている、まだ気付いてない能力や才能に

フォーカスしてみる。

自分の中の宝探しの旅。

それは、たくさんたくさんある。

 

自分の中の

問題探しをするのも

宝探しをするのも

どちらを選ぶのも自由。

 

面白いことに

個人リーディングで

能力や才能にフォーカスしてるのに

「問題」についての情報を受け取ることが

よくあります。

どういうことかといいますと、

その「問題」の根本原因を見つけて

手放すことによって

結果として、才能や能力があきらかになるのです。

 

才能や能力を使うことを止めている

原因を取り除くことによって、

すでにある宝物が輝き始めるのです。

 

以前も書きましたが、もう一度引用します。

 

ブライアン・L・ワイス博士著「前世療法2」より引用

210〜211ページ

”過去世でしめした才能や能力を持ったまま、魂が新しい生に戻ってくることはよくあります。時には、過去世で自分が持っていた才能を思い出した時から、今生でもその才能を発揮し始める人もいます。”

 

240〜242ページ

”恐怖の原因が明らかになると、その恐怖が消えるだけでなく、過去世で発揮していた才能が明らかになることもあります。"

 

今日から、「私なんて…」と言うことを一切やめて

(だって、潜在意識があなたの言葉を聞いてますよ〜!)

自分の中にたくさんある

宝物をみつける旅をしてみるのはどうでしょう?

ワクワクする旅の始まりです!