たましうむ・魂に刻まれた物語を読み解く

ペルーの旅で突然前世がみえるようになり戸惑うも、自分の前世を紐解くうち事務職会社員からカメラマンになりました。魂に刻まれた物語を読み解き、前世から引き継いだ才能・能力・課題を今の人生にいかすことについてあれこれ発信しています。※文章・写真の著作権は、たましうむ にあります。無断転載しないでくださいね。

自分のなかにある宝物のみつけ方

こんにちは、たましうむです。

 

何度もの生まれ変わりを繰り返し

磨いてきたこと、培ってきたこと

才能・能力。

大切にしてること、恐れていること

これはもう、本当にひとりひとり違います。

 

私たちは、様々な物語を

前世から持ち越して生まれてきています。

生まれた時から個性があり

得意・不得意・好き・嫌い・恐怖の対象など

それはそれは、いろいろです。

 

小さな頃の私たちは

自分をわかっていました。

それなのに、なぜ「忘れて」しまったのでしょう?

 

それは…

 

誰かになろうとしたからです!

自分以外の誰かに。

 

テレビや雑誌、世間の目、流行

学校教育、友達との比較、兄弟姉妹との比較

親や先生からの言葉など

そういったものを取り入れたりして

「自分はどうしたいか」

ではなく

人から良く思われるために

人から褒められるにはどうするのが良いか

人に嫌われないためにはどうするのが良いか

こんなにダメな自分は、どうしたら"普通の人"になれるか

(たいてい、ダメなんかじゃないです。

人と比較して、自分の不得意なことにフォーカスしてるだけ。)などと

「自分はどうしたいか」ではなく

「外側の価値観に自分を合わせようとし続けた」からです。

 

それで

何がなんだかわからなくなった。

 

自分は何が好きなのか

何を幸せと感じるか

得意なことは何か

何をしたいのか。

わからなくなってしまいました。

 

さて、本題。

どうしたら、"自分のなかにある宝物"を

みつけられるか。

 

それは

"自分のなかにある宝物を見失った過程"を

逆にたどればいいのです。

 

なぜかって

私たちは小さな子どもの頃は

自分をわかっていたのですから。

 

簡単に書くと、こうです。

 

〈小さな子どもの頃〉

   自分をわかっていた

    ↓

 〈何年も、何年も〉

   自分以外の誰かや、外側の価値観に合わせようとし続けた

    ↓

  〈現在〉

   自分がわからない

 

では、この過程を逆にたどりましょう。

自分のことがわかっていた、子どもの頃の自分に戻るには…

 

  〈現在〉

   自分がわからない

    ↓

  〈何年も、何年も〉

   自分以外の誰かや、外側の価値観に合わせようとし続けた

    ↓

  〈小さな子どもの頃〉

   自分をわかっていた

 

「自分をわかっていた子どもの頃」と

「現在の、自分のことがわからない状態」の間に

何かありますね。

そう、原因はこれです。

だったら、原因そのものを取り除けばいいのではないでしょうか⁉︎

 

具体的にどうするかといいますと

何年も、何年も続けてきたこと「自分以外の誰かや、外側の価値観に合わせること」それをまずやめることです。

 

「え〜、やめ方がわからない」

という方、決めるんです。

とにかく"やめる"と決める。

 

外側の価値観に合わせることをやめたら

次は、子どもの頃の自分を思い出す作業です。

 

紙とペンを用意します。

紙の一番上に

"子どもの頃、わたしが好きだったこと"

と書いて、あとは

思いつくままに書いてみましょう。

私は何をして遊ぶのが好きだった?

友達と遊ぶこと?ひとりで遊ぶこと?

家の中で遊ぶこと?外で遊ぶこと?

絵を描くこと?

 

何日かけてもいいから、たくさん書き出してみましょう。

書き出すうちに思い出すこともよくあります。

 

次の段階に進みます。

また紙とペンを用意します。

こんどは紙の一番上に

"人から褒められたこと"

と書いて、子どもの頃から現在まで

いつのことでもいいので

褒められたことを書きます。

どんなことでも!

 

「褒められたこと、ない!」という方は、

きっと、今まで人から褒められても

スルーしてきちゃったのだと思います。

だから、今日からは

人から褒められたら覚えておいて

紙に書きましょう。

 

そして、さらに次の段階です。

"今日から、誰かを褒めてみる。"

いいなと思うところを、声を出して本人に伝える。

一日3人などと決めて、毎日やってみる。

 

え、何を言ってるの?

自分のなかの宝物を見つけることと

一体何の関係があるのよ?…と思うかもしれませんが

関係あります、あります。

 

これ実は、筋トレのようなもので

"いいところを見つける筋肉"を鍛えているのです。

 

いいところというのは

その人にとっての、得意分野。

何度もの生まれ変わりを繰り返し

磨いてきたことや、自然と身につけてきたこと、

才能です。

 

人のいいところに意識を向けていると

自分のいいところに気付いたり

自然とわかるようになります。

 

私たちは、ひとりひとり持ち味が違い

得意なこと、不得意なことがあります。

自分が得意なことは、それを誰かに提供し

自分が不得意なことは、得意な人の力をかりる。

 

私たちひとりひとりが自分を知り、お互いに与えあい、サポートしあう。

こんなふうに、自然で調和した生きかたが出来たら素敵だなぁと思います。