たましうむ・魂に刻まれた物語を読み解く

ペルーの旅で突然前世がみえるようになり戸惑うも、自分の前世を紐解くうち事務職会社員からカメラマンになりました。魂に刻まれた物語を読み解き、前世から引き継いだ才能・能力・課題を今の人生にいかすことについてあれこれ発信しています。※文章・写真の著作権は、たましうむ にあります。無断転載しないでくださいね。

元スパイの物語 〜その2〜

こんにちは、たましうむです。

 

元スパイの物語 〜その1〜の続きです。

 

友人との会話がきっかけとなり始まった

元スパイの話。

そういえば、そういえば・・・と

あとからあとから、スパイっぽい発言が自分から出てきて

それを聞きながら「ほぉーっ、そうなんだ。」と

感心したり「なるほどね、だからかぁ。」と思ったり。

 

”背後から近づく足音が恐怖”

”人を信用するまでに、充分な時間をかけて相手を観察する”

 

こんなことをずっとしてきただなんて。

友人から「スパイだったんじゃない?」と言われるまで

全く気付いていなかった。

それをしてるとは気付かずにいる。

あたりまえすぎて、自然すぎて

自分がそうしていることを意識することも出来ないし

そうすることが普通すぎて、自動的に行動していた、ということです。

 

前世でしていたのと同じことを、無意識に今の人生でもしていた

ということなんでしょう。

 

前世から持ち越した”才能”や”能力”があります。

そして、今の人生ではもうそれはいらないよねということや、

それどころか、自分を苦しめる原因であることもあります。

 

ソビエトでスパイをしていた

ということを、自分としては腑に落ちて

「そうだったかもね!」と思いますが

どこで何をしていたか、それは本当はどうでもいい話し。

前世の物語が正しいかどうか議論するよりも

そこはサラッと軽くとらえて

大切なことに意識を向けます。

それは「今の人生との関わり。」

今の人生で、前世から引き継いだ資質が

「必要か」「不必要か」をまず整理します。

 

無意識にあったことが意識化されると(頭で理解すると)

苦しみから解放される、ということが

退行催眠療法でよく起こることです。

 

この文章は、友人と「ソビエトでスパイだった」話しをした翌日に書いていますが

実はいま、身体から”緊張感”や”張りつめたなにか”がなくなったようで

これまでに感じたことのない身体の軽さと深い安心を感じています。

呼吸も深くなって、とにかく楽。

今までは、からだの細胞ひとつひとつの間にピーンとはりつめた糸があったのが、その糸がなくなり、細胞がぷかぷか水に浮いてるようなラク〜な感じといいますか。

 

背後から近づく足音についてはどうかな

と、今日一日を振り返ってますが

何も思い出せません。

どういうことかというと、足音を意識しなくなった

ということです。

今の人生で、足音を警戒する必要はないということがわかった、ということ。

背後から近づく足音に対する恐怖、これは今の人生に不必要です。

今は、そんな警戒の仕方をする必要ありません。

警察官でも警備員さんでもなく、わたしカメラマンですからね。

 

そして、人を観察すること

これについて考えます。

警戒するための観察は「不必要」。

一方、写真で人を撮影する時に、表面だけでなくその人の内面をとらえる時に前世で培った観察力を使うことは「必要」

 

前世で培った資質を知ったら、それを今の自分がどう使うか

頭で整理して理解すること、これが大切なことだと思います。

自分を苦しませるような使い方はやめて、

役立つことは”このように使おう”と改めて意識する。

前世でその資質を磨いてくれたことに感謝して

資質・能力を存分に使っていく。

前世で培ってきたことですから、意識して使っていけば

才能としてさらに輝いていくものです。

 

こんなふうに、自分の資質と向き合うことが

自分らしく生きること、自分の才能や能力をさらに輝かせて多くの人々に提供し、

調和して響き合うことに繋がっていくのでしょうね。