たましうむ・魂に刻まれた物語を読み解く

ペルーの旅で突然前世がみえるようになり戸惑うも、自分の前世を紐解くうち事務職会社員からカメラマンになりました。魂に刻まれた物語を読み解き、前世から引き継いだ才能・能力・課題を今の人生にいかすことについてあれこれ発信しています。※文章・写真の著作権は、たましうむ にあります。無断転載しないでくださいね。

前世から引き継いだ才能

こんにちは、たましうむです。

 

「前世から引き継いだ才能」というと

特別な人だけのもののように感じるかもしれません。

ですが、今までリーディングを行ってきたなかで 

ひとりひとりに独自の物語があり、

磨いてきた能力や資質が必ずありました。

 

大切にしていたこと、想い、得意だったこと、好きだったこ

仕事を通して追求してきたこと、などです。

 

もし、全員が、今の人生からゼロからスタートするのだったら

子供の個性は、遺伝と環境がすべてということになります。

遺伝と環境の影響は、たしかにあります。

だけどすべてじゃない。

兄弟姉妹で全然性格やタイプが違うということは

よくある話しです。

 

子供を持つお母さんから

生まれた時から「個性」というものがある

という話しをよく聞きます。

 

私たちは、「個性」を持って生まれてきています。

今回生まれる前に生きた人生で培ってきたことや

大切にしてきたこと、学ぼうとしてること、などなどです。

 

それなのに、いつの間にか

自分の「個性」「持ち味」がわからなくなってしまいます。

 

わたしたちは成長する過程で

学校に入学すると、みんなと同じ時間に同じことをする

集団生活というものを始めます。

学年が上がると、そこにテストというものが入ってきて

成績が人と比べて上か下か、序列をつけていきます。

私の中学校では、テスト結果の順位が貼り出されました。

暗記すること、勉強すること、みんなと同じことをすること

小学校、中学校、高校、大学と過ごして、就職活動をして

会社に入ったとします。

 

小学校にあがってから「してきていないこと」がありますね。

「自分の個性を知る、伸ばす、磨く」ことです!

 

大人になって、働くようになって

「自分が何に向いているのかわからない」

「何をしたいのかわからない」

という人は、たくさんたくさんいると思います。

会社を辞めた時の私もそうでした。

まーったくわからなかった。

 

そんな私が、ペルーにいって

突然前世がみえるようになって

とまどいながら、でもなんとかしなきゃ変な人になっちゃう!

という焦りとともに、必死で自分の前世を紐解いてきましたが

気がつくと

自分は何がしたいのか

何が好きなのか、向いているのか、向いていないのか

得意なことは何か、不得意なことは何か

これらがみえてくるようになりました。

思い出す作業というのでしょうか。

 

前世を知るのもひとつの手だけど

もともと「個性」を持って生まれてきているわけですから

もともと「前世から持ち越した才能や学び」が

自分の魂に刻まれているわけですから

思い出す作業をすればいいのです。今日から。

小学校に入ってからずっとしてこなかった

「自分の個性を知る・伸ばす・磨く」ことを

毎日意識することです。

ま・い・に・ち です!

だって、ほら

今までしてこなかったわけですから。

 

そして、「ある」のだから

意識を向ければ、必ず「ある」ことがわかるし

みつかるのです!

 

こどもの時に鍵があります。

こどものころ、わたしたちは自分自身として存在していました。

自分以外の何かになろうとしていなかった頃に気持ちを向けてみる。

こどものころ何をして遊ぶのが好きだったか。

何に熱中していたか。

どんなこどもだったか。

 

あとは、初めてなのに上手く出来ちゃうことや

人から褒められたりしたこ

などなどです。

 

こういったことを

毎日意識して、書き出したり、メモしたり。

自分の内にすでに「ある」もので

眠っているだけなので

みつかります。

だって「ある」のですから。

 

「今の自分」を注意深〜く、そして客観的に観察力することで

前世から引き継いだ才能はわかってきます。

誰もが、持って生まれてきているのですから。